両手で持たせる薬
  • ホーム
  • 解熱鎮痛剤は通販で買うとお得

解熱鎮痛剤は通販で買うとお得

丸い錠剤とスプーン

熱が出た時や痛みを感じた時、手軽に服用出来て高い効果を発揮してくれる解熱鎮痛剤が非常に役立ちます。
特定の解熱鎮痛剤は最近ドラッグストアでも販売されるようになりましたが、他の種類はいまだに病院処方でなければ手に入れることはできません。

病院処方で入手するとなると、病院へ行くまでの手間や時間、診察費用など様々なデメリットが生じてしまいます。
もちろん、症状を見て医師が適切な解熱鎮痛剤を処方してくれるというメリットはあるのですが、毎日のように痛みに悩まされているものの病院へ行くほどでもない場合は、手間をもったいなく感じてしまうでしょう。

そんな場合は、医薬品の通販を利用してみましょう。
患者が自分のために特定の薬を少量購入するのであれば、医薬品を海外から通販で取り寄せることも可能です。
解熱鎮痛剤は世界中で利用されているメジャーな治療薬なので、豊富な種類が販売されています。
もちろん国内で処方されている商品と全く同じ成分構造をしたものもあるので、自分が希望する解熱鎮痛剤をピンポイントで購入することもできます。

通販を利用した場合、国内では処方されていない商品も買えるというメリット以外に、いずれの医薬品も非常に安い価格で買えるという点も魅力です。
海外では日本とは違った価格設定になっており、ほぼ全ての商品が国内処方されるより安いです。

初めて利用する薬を通販で買うのはさすがに心配ですが、いつも使っていて服用方法や効果、副作用など全て理解している薬であれば通販でも問題ありません。
常用する薬ならストックも必要ですが、通販ならある程度までまとめ買いもできるので便利です。
しかも、まとめ買いするとどんどん割引が大きくなっていくため、1つだけ購入するよりもずっとお得です。

ただ、通販は海外法人が運営している代行サイトを利用することが多く、悪質なサイトも紛れているので注意しなければなりません。
偽物を掴まされると健康を害する危険もあるので、悪質なサイトの特徴を知って予防しておきましょう。

偽物の医薬品を販売しているサイトの特徴について

悪質な通販サイトを利用すると、お金を損するだけでなく、得体のしれない偽物を服用して体調を害する可能性もあります。
安全性を重視することが通販では何より大切なので、偽物を取り扱っているようなサイトの特徴を覚えておきましょう。

基本的に、医薬品の海外通販は海外の販売者から直接個人が購入するというスタイルになっています。
通販代行サイトはあくまでも購入者と販売者の仲介をするだけなので、代行サイトが薬をストックしているはずはありません。
そうなれば転売となってしまい、日本の法律に違反してしまいます。

仮に注文してから2日から3日で商品が手元に届いた場合、代行サイトが自分で発送した可能性が高いです。
海外から発送されたなら5日から2週間ほどかかるはずなので、短期間での配送を謳っているサイトがあれば悪質な業者の可能性があります。

また、他のサイトに比べて圧倒的に安い価格設定になっている、成分鑑定を全く行っていない、こちらの問い合わせに対するレスポンスが遅いというサイトにも注意が必要です。
いくら通販は安さがメリットと言っても限度がありますし、成分鑑定や問い合わせの返答は安全性やサイトとしての信頼を集めるために欠かせません。

さらに、支払い方法にクレジットカードを利用できないサイトも注意が必要です。
クレジットカードは信販会社が支払いを代行するので、社会的にあまり実績のない会社はそもそも信販会社が契約を交わしません。
支払い方法も忘れずチェックし、クレジットカードが使えるか確認してみましょう。
もちろんクレジットカードが使えなくても実績のある大手サイトは存在するので一概には言えませんが、可能性の一つとして覚えておきましょう。

関連記事