両手で持たせる薬
  • ホーム
  • 解熱鎮痛剤として使われるボルタレンについて

解熱鎮痛剤として使われるボルタレンについて

ボルタレンは数ある解熱鎮痛剤の中でも抗炎症作用に特に優れ、痛みを起こす原因物質の活動を抑えることで効果的な鎮痛作用をもたらします。
ボルタレンの有効成分ジクロフェナクナトリウムは高い抗炎症作用によって痛みや発熱を引き起こす炎症を効果的に抑え、腫れや発赤などの症状も緩和します。
ジクロフェナクナトリウムは市販の塗り薬や湿布薬にも配合されていますが、強い薬効を持つため錠剤と座薬の市販薬は無く処方薬のみとなっています。

最も効き目が強い解熱鎮痛剤と言われるボルタレンの効果は、市販薬も登場しているロキソニンとの比較が気になる人が増えています。
ボルタレンもロキソニンも非ステロイド性抗炎症薬であるNSAIDsと呼ばれる系統の解熱鎮痛剤で、抗炎症作用や解熱鎮痛の作用を持つステロイドホルモン以外の薬をさす非ステロイド性抗炎症薬というグループの薬です。
錠剤の市販薬が出ていないボルタレンのほうが、効き目の強さではロキソニンよりも上となっています。

ボルタレンは作用が強いぶん胃が荒れやすい面があり、消化器官の副作用が起こりやすいと言われます。
そのため空腹時ではなく食後30分以内に服用したり胃薬を一緒に飲むといった服用方法がとられます。
空腹時に飲まないほうが良いのはロキソニンも同様で、ボルタレンも含めて一般的に妊娠している人や子どもには処方されない薬です。
解熱鎮痛剤は痛みを予防する薬ではないため、痛みが出そうだからと実際にはまだ痛くなっていないのに飲むことも避けるべきです。

ボルタレンが持つ強い鎮痛効果は手術後や抜歯後の痛み止めとして使われるほど非常に優れた効能を持っていますが、服用を続けて行くうちに耐性が出て来るため長期間使い続けるほど効果の実感がしにくくなります。
ボルタレンは手術後など痛みが特に強く出る期間にだけ処方されるタイプの薬で、日常的に痛みが出た時に頻繁に服用し続ける市販薬とは違うことを認識しておく必要があります。

ボルタレンとロキソニンの効果を比較しました

今や解熱鎮痛剤の双璧のように言われるボルタレンとロキソニンだけに双方の効果効能や服用方法、心配される副作用などの比較や検証が注目されています。
市販薬が登場していることでロキソニンのほうが入手しやすいものの、それを上回る効能ということでボルタレンの錠剤や座薬が気になっている人が急増中です。
痛み止めとしての効果が高いのは購入に処方せんが必要なボルタレンですが、即効性という点ではロキソニンに軍配が上がります。

ボルタレンは服用してから効き目があらわれるまで約30分かかるとされ、ロキソニンのほうは最短で15分で痛み止め効果があらわれると言われます。
ボルタレンに即効性を求める場合は座薬が適しており、早ければ10分ほどで痛みが治まって来るとされ、持続時間はどちらも服用後6時間から7時間ほどであるため痛みが長く続いている場合は毎食後に服用する必要があります。
体内に入った薬効の血中濃度が半分になる半減期ではボルタレンが1.3時間でロキソニンは1.2時間ほどですが、どちらも薬効成分の過剰摂取にならないよう4時間から6時間ほど服用間隔を空けるべきとされています。

過剰摂取が問題視されるほどのボルタレンとロキソニンだけに、効き目を補いたいからと両方を同時に服用することは厳禁です。
双方が属するNSAIDs系の薬は胃粘膜保護や胃血流増加の作用を阻害しやすいため胃が荒れるなど、消化器への副作用が出やすい薬です。
食間など空腹時は避けて食後30分以内か胃への影響が気になる場合は胃薬と一緒もしくはミルクなどと共に服用すると良いとされます。
効き目が強いだけに、ボルタレンのほうがロキソニンよりもやや胃に負担をかけやすくなっているため、より一層の注意が必要です。

ボルタレンは病院以外で買うことができる

病院で医師から薬を処方してもらうことは安心に繋がりますが、どうしても交通費や受診料などはかかってきますし通うのに手間もかかります。
しかし、病院以外にもネット通販でボルタレンを入手することができます。
ネット通販ではもちろん受診料などはかかりませんし、スマートフォンやパソコンから購入できるので手間もかかりません。
なので選択肢の一つとして、ネット通販での購入も考えておくと良いでしょう。
ただし副作用のリスクは病院処方でもネット通販でも変わりないので、そこを考慮したうえで安全に服用するように心がけてください。

関連記事